本学の歴史について

 

本日は本学の歴史についてお話ししようと思います。 本学は、学校法人豊昭学園により運営されている日本の私立短期大学です。 2018年(平成30年)4月4日に地上9階地下1階の新校舎が竣工し、短大校舎が移転したばかりで外観も設備も最新です! しかしそのせいか、新設の短大と勘違いされることが非常に多いのですが、 東京交通短期大学はとても歴史ある短大なんです! どれだけの歴史があるのか? まずは本学の運営を担っている学校法人・豊昭学園についてお話ししましょう。  
 
学校法人豊昭学園について
 
学校法人豊昭学園(がっこうほうじんほうしょうがくえん、英称:Hosho Gakuen)とは、豊島学院高等学校・昭和鉄道高等学校・東京交通短期大学を運営する学校法人です。 豊昭学園の名前の由来を、併設校である豊島学院高等学校と昭和鉄道高等学校の歴史も交えて軽くご紹介しましょう。
 
豊島学院高校
 
・1932年(昭和7年) - 神田駿河台に「神田商業学校」として設立される。
・1940年(昭和15年)- 法人名を豊島学園、校名を豊島商業学校と改称する。
・1948年(昭和23年)- 校名を豊島実業高等学校と改称する。
・1992年(平成4年) - 校名を豊島学院高等学校と改称する。
 
昭和鉄道高校
 
・1928年(昭和3年)7月18日 - 昭和鉄道学校が東京府知事から各種専門学校として設立認可され、定員400名の夜間部としてスタートする。
・1932年(昭和7年) - 校名を昭和高等鉄道学校に変更する。
・1948年(昭和23年) - 私立学校法制定により法人名を昭鉄学園とする。校名を昭和鉄道高等学校を改称する。
・1951年(昭和26年) - 現豊昭学園に属し隣接の豊島学院を運営する豊島学園と合併し、それぞれ頭文字をとり、現法人名豊昭学園になる。
 
どちらの学校も昭和一桁生まれですよ! 学校法人豊昭学園が、いかに歴史があるかわかっていただけると思います。
 
東京交通短期大学について
 
併設校から少し遅れて、本学が誕生したのは1952年(昭和27年)です。 当時の国鉄や私鉄経営者協会(現・民鉄協)などの鉄道関係者からの支援を受けて、学校法人豊昭学園が設置した短大です。 当時は短大制度が発足して間もない時代でした。 簡単ではありますが本学の歩みを年表で見てみましょう。
 
 
・1952年(昭和27年) - 東京交通短期大学開学。運輸科をおく。
・1967年(昭和42年)10月 - 交通資料館が開館する。
・1979年(昭和54年) - 初めて女子学生が入学する。
・2018年(平成30年)4月4日 - 新校舎が竣工。短大校舎が移転。
 
かつての国鉄では、本学を現場での上位職へ昇進希望者の教育機関と位置付けたので、付近の駅に配属された職員が日勤の勤務割の後、登校して受講しました。 現在も全国の大学・短大で唯一、運輸科を設置した東京交通短期大学は、実に創立67年の歴史と伝統があるのです!
 
深い伝統や歴史がある学校で学ぶということ
 
深い伝統や歴史がある学校の良いところとはなんでしょうか? 伝統のある学校は、長い歴史の中で培ってきた教育方針があり、学習環境が整っていることが多いです。 また、企業側にも信用がありますから、当然就職にも有利です。 歴史があるということは、卒業生も沢山いるということ。しかも本学は日本で唯一鉄道・交通に関する専門科目があることから、学生の出身地は東京都近郊のみならず、遠くは北海道から沖縄まで広がっています。 大勢の先輩がいることで卒業後も人との繋がりが持てる、ということも必ずや将来の財産になると思います。

2019年05月13日
 
受験生・保護者の方 在学生の方 卒業生の方