本学の成績評価基準

 本学の成績評価は、原則として「相対評価」方法を採用している。筆記試験、その他レポート等の評価基準を総合し、成績上位者から、S、A、B、C、Dの5段階評価を付与する。各評価の付与割合は概ね下の表の通りである。
 成績評価の対象は、授業回数の3分の2以上の出席者であり、これを満たしていない者(受験資格なし)は本試験を受験しても評価の対象外となり「X」が付与される。
 また、正当な理由で本試験を欠席した場合、不受験届(正当な理由で本試験を受験できなかった証明書)を提出することによって追試験の受験資格が与えられ、評価は本試験に準ずる評価が与えられる。ただし、不受験届を提出したか否かに関わらず、追試験を受験しなかった場合は、「X」評価となる。
 さらに、1年次生の必修科目、2年次生は専門科目も含め3科目まで再試験を受験することができるが、再試験を受験した場合の評価は、最高でも「C」となる。

 

成績評価基準
ページトップへページトップへ
 
ページトップへ
 
その他
アクセスアクセス
研究研究
プライバシーポリシープライバシーポリシー
聴講生制度聴講生制度
サイトマップサイトマップ
資料請求資料請求
お問い合わせお問い合わせ
東京交通短期大学ブログ東京交通短期大学ブログ
その他