Q:AO入試と推薦入試の違いはなんですか?
AO入試は、推薦書が要らず、高校生に限らず大学生や社会人も受験が可能ですので、早い段階で受験の意思がかたまった人に向いています。両者の大きな違いは、推薦入試では小論文が課されるのに対し、AO入試では志望理由書が必要となることです。
Q:なぜ学力テストをしないのですか?
大規模な四大が学力テストをするのは、公平性と効率性を考えてのことです。しかし、最近ではAO入試のように、筆記試験を課さない入試を導入する大学が増えています。学生数の少ないミニ短大である本学は、学生一人ひとりとの出会いを大切に考えます。単なる知識の豊富さよりも、学ぼうとする意欲、自己表現力を重視したいからです。
Q:体験入学はできますか?
オープンキャンパスの模擬授業や体験入学会の日の特別教養講座への参加という形で、体験入学が可能です。実際の短大の講義に出席して、その雰囲気を肌で感じてみてください。 鉄道シミュレータの見学もできます。
Q:大学生ですが、受験できますか?
受験資格は、高校卒業あるいは同等資格(大検・認定試験合格証)があれば受験できます。ただし、本学への編入学制度はありません。
Q:小論文対策はどうすればいいでしょうか?
まずは、社会的な関心を持つこと。日頃から新聞等で世の中の動きをチェックしてください。次に、過去の問題を参考に自分でテーマを決め、1000 字程度で実際に書く練習をしてみましょう。誤字・脱字をなくし、作文上の約束事を守ること、そして自分の考えを読む人が納得できるように論理的に述べることが大切です。段落を3つぐらいに分けて書くといいでしょう。
Q:入試当日はどんな服装をすればいいのですか?
特に決まりはありません。ただ、やはり、人に不快感を与えるような、不潔な格好は避けるべきです。現役の高校生なら学校の制服、社会人ならスーツ姿が妥当でしょう。また、ネクタイをだらしなく結んだり、シャツのすそが出ていては、人に好印象を与えることはできません。神経質になりすぎる必要はありませんが、姿かたちはその人の心をある程度映し出すもの。好印象を持たれるような服装、態度を心掛けましょう。
Q:面接はどんな形式で何をきかれますか?
面接は、基本的に教員2人受験者4人でのグループ面接です。質問内容は、どんな高校生活を送ったか、短大ではどんな勉強をしたいか、将来の希望(どんな職業につきたいか、またその理由)自己PR などが中心です。小論文(AO は志望理由書)で書いた内容について、その真意がどこにあるのか、口頭で説明を求められることもあります。面接では、聞かれたことに対して、面接官をしっかりと見ながら、明確にハキハキと応えることが大切です。
Q:個別に入試の相談や質問をすることは可能ですか?
学期中の平日13:00~19:30でしたら、電話または本学受付で入試の個別相談および学校説明をさせていただきます。(ただし、担当者の不在等によってお引き受けできない場合もあります。あらかじめご了承ください。)