基本情報

氏名 平野 琢
職位 専任講師
専門領域 企業倫理(企業の社会的責任)、リスクマネジメント(産業事故研究)
生年 1980年
出身 熊本県
学位 修士(経営学)、博士(工学)
所属学会 日本経営倫理学会、組織学会

担当科目

  • 組織論
  • 企業倫理
  • 経営法学
  • 政治経済
  • コンピュータ実習ⅠA
  • コンピュータ実習ⅠB

オフィス・アワー

  • 月曜日(16:30から19:00)
  • 土曜日(14:00から19:00)要予約

略歴

2005年3月 東京都立大学 法学部 卒業
2007年3月 一橋大学大学院 商学研究科 修士課程修了 (修士;経営学)
2016年3月 東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科 博士課程後期修了(博士;工学)
2016年4月 東京交通短期大学助教
2017年4月 東京交通短期大学専任講師
2016年4月 東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科 特別研究員

研究業績

学術論文

  • 平野琢(2011)「企業による技術者倫理の制度化と教育活動の意味と必然性」, 技術倫理研究 ,名古屋工業大学技術倫理研究会, 第8号, pp.33-50.
  • 平野琢(2014)「東日本大震災における電力会社のリスク対応評価の再検討―“歴史津波”に対するリスク対応の事例分析を通じて」, 日本経営倫理学会誌, 日本経営倫理学会, 第21号,pp.71-85.
  • 山田 雅穂, 平野 琢, 荻野 博司, 古谷由紀子, 蟻生 俊夫 (2016)「CSRとコーポレート・ガバナンスの関連性の検証と今後の方向性 : ISO26000とコーポレートガバナンス・コードの比較から」, 日本経営倫理学会誌, 日本経営倫理学会, 第23号,pp. 39-54.

書籍・調査報告

  • 城山英明, 平野琢, 奥村裕一(2015)「シビアアクシデント対策:知識蓄積の課題」,城山英明(編),『東日本大震災学術調査;第3巻「福島原発事故と複合リスク・ガバナンス』, 東洋経済新報社, pp.67-86
  • 平野琢(2016)「渋沢栄一と職業倫理」, 田中宏司,水尾順一,蟻生俊夫(編著)『渋沢栄一に学ぶ「論語と算盤」の経営』 ,同友館, pp.67-78.

褒章等

  • 日本理工学振興会 平成23年度 研究奨励金