設置法人豊昭学園
校名東京交通短期大学
住所東京都豊島区池袋本町2-9-1
開校1952年(昭和27年)4月
学科運輸科

半世紀の歴史を持つ本学の始まり

本学の歴史は、ようやく戦後の混乱期を脱し始めた1952年(昭和27年)4月、修業年限2年の短期大学としての創設に始まります。日本の短期大学制度が発足してわずか2年目のことでした。

当時、鉄道は依然として陸上交通の主役であり、鉄道の現場には働きながらもっと学問や教養を身につけたいと願う多くの青年たちがいました。 本学が夜学としてスタートしたのは、まさにこうした若者たちの熱い思いに応えたものです。

「働きながら学ぶ」というこの考えは、広く知識を身につけた職業人を必要とする当時の交通界からも支援され、多くの専門の講師を仰ぐことができ、本学の基礎が固まりました。現在は、高校から現役で入学する学生が大半を占めるようになり、時間帯も夜間から昼夜開講制へと移行しています。 しかし、「働きながら学ぶ」という伝統は今も深く根付いており、多くの学生が在学中にアルバイトを通して鉄道の現場を経験しています。

創立から半世紀を超えた今でも、本学は日本で唯一校名に「交通」を掲げる短期大学として、広く全国から向学心に燃える学生を迎え、鉄道・交通業界をはじめとするサービス産業界への就職や、4年制大学などの編入学へと多くの卒業生を送り出しています。

本学の特色

伝統的に強い鉄道への就職ときめ細かいサポート

旧国鉄等の要請により設立された本学は、伝統的に鉄道業界や交通サービス産業界に多くの卒業生を送り出してきました。 こうした確かな実績と信用のおかげで、JR東日本をはじめとする鉄道業界に就職する学生の数は近年着実に伸びており、就職希望者の多くが鉄道に就職するに至っています。 旅行業務取扱管理者等の資格取得、就職セミナーの充実など、就職支援でもきめ細かくサポート。 時代の変遷とともに雇用形態も変化しつつある今、積極的に職場の新規開拓にも取り組んでおり、鉄道職においても、一般職においても、就職先はますます広がりを見せています。

「午後の短大」は「低学費」で学べる

午後1時10分から午後7時40分までの授業時間帯。そして、都心池袋に位置するという好立地条件のおかげで、遠距離通学が可能となり、午前中にアルバイトをするという選択肢もできます。 本学の納付金は全国の短大納付金平均額の6割以下の学費で済む上、国の教育ローンの利用も可能です。 さらに、成績優秀者の学費を一部免除する奨学生制度もあり、学生の経済的負担を最小限に抑えるよう努めています。

学ぶ意欲を重視する入学選抜スタイル

入試はAO、推薦(指定校制・公募制)、一般・社会人の3種類。試験科目は、推薦・一般(社会人)が、小論文と面接、AOが面接のみで、いずれも学科試験はありません。 AO入試を導入する以前から、目的意識の明確な受験生を高く評価する意欲重視型の入学選抜スタイルを貫いています。 自分の夢の実現させるために、交通短大で学ぶことを決意した人なら、その意志をしっかりと自分の言葉で表明することが合格の秘訣です。

4年制大学へステップアップ編入学

例年、卒業生の1割以上が4年制大学へ編入学しています。 流通経済大学、駿河台大学、帝京大学、東京情報大学など多くの大学から推薦指定校に指定されており、進学を希望する学生の数も増加傾向にあります。 短大のショートコースを終えてから、さらにステップアップを目指す熱心な学生に対し、個別指導により全面的にバックアップします。

カリキュラム

サービス産業全般の専門知識と多彩なカリキュラム

全国でも本学にしかない「運輸科」。 ここでは、陸海空にわたる交通の技術・経済・法規に加え、旅行・観光、物的流通、企業経営、情報などの専門知識を習得できます。 また、基礎科目では、人間としての幅広い教養、社会常識を身につけることを主眼としています。 こうした多彩な基礎科目、専門科目のうち、ゼミナール等を除くほとんどの授業が選択科目なので、自分の希望に合わせて、自分だけの時間割を組むことができます。

少人数制ならではの語学・ゼミ・コンピュータ実習

定員80名という小規模校の特徴を生かし、徹底した少人数教育を実践。特に、必修科目ではその効果が最大限に発揮され習熟度別のクラス編成により、無理なく効率的に学ぶことができます。 また2年次の専門ゼミでは、担当教員の指導の下に自分でテーマを選び、自分でオリジナルの論文を制作します。 ゼミ論文は、まさに短大2年間の勉強の集大成と言えます。

現場の生の声が聞ける特別教養講座

毎回、各界で活躍するスペシャリスト達によるヴァラエティー豊かな特別教養講座。 他大学の講師の先生の話はもちろん、企業の現場の生の声が聞けるため、一般教養を身につけられる上に、就職対策としても非常に有効です。 公開講座ですので、どなたでも無料で参加できます。

私たちが目指す教育

サービス産業の中堅実務者を育てる

  • 情報社会の進展に対応できる知識ある実務者
  • 人間として幅とゆとりのある教養豊かな実務者

的確な判断力と責任の自覚能力を身につける

  • 企業が望むリーダーシップが取れる人間
  • 豊かな発想と積極的な発言ができる人間